<< これは無理と思ったパチ&スロ | main | ロリポップで大規模なアタック被害 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
俺の妹がこんなに可愛いわけがない14〜16話完結
 本日のお昼に引っ張って引っ張って引っ張りまくってた俺妹の最終3話がWEB配信されました。
 ネタバレありの感想です。


この作品自体は1期も見てるし、普通に面白いと感じていたんですが、2期で黒猫と付き合う辺りからなんか話の雲行きが怪しくなってきた気がします。

 とりあえず私は原作未読なのですが、ネットで他の感想関係を覗いて見る限り原作通りなんだとか。んでストックもこれで終わりとのことなので本当に終わりってことなんでしょう。

 まず題名からして誰もが察する通り妹モノアニメなわけですが、話が進んでいくうちにだんだんとヨスガな方向へ向かっていく。

 近親相姦っていうのはAV、エロアニメだと定番の1ジャンルなんでしょうが、これを全年齢アニメでやるとなるとやっぱり難しいと思うんです。

 いくらヲタ全開だとしても、やっぱり近親相姦は中々踏み越えられないハードルで、見る側としてもすんなりとは受け入れがたい部分がある。エロなら見る側も割り切ってるからいいんでしょうけど。

 こういう時の王道設定は「実は血が繋がっていない」とかいうやつですが、俺妹の場合はそういうのもなく、正真正銘の兄妹ときてる。

 結局のところ、作者が取ったルートは「卒業までの期間限定恋人」とのことですが、それって黒猫の時と対して変わらんわけで、個人的にはとてもガッカリしました。

 その間、あやせが振られ、黒猫が振られ、加奈子が振られ、まなみも今後の関係修復が難しいような展開で、これまでのフラグをどんどん折っていくのだけど、それで結局卒業したら普通の兄妹に戻ります。ってのは、誰も幸せにならないバッドエンドじゃないの?と。

 今後新しい展開があるわけでもないようですから、おいおいと思うところが多数あっても知ったこっちゃないんでしょうが、これって色んなフラグを律儀に回収してるように見えて、単にそれまでの1年間に起こった色々なことをナシにして回ってるだけで何も回収されてない。
 終わり方としては一番残念な終わり方だと思います。

 どうせこういうニッチなジャンルを題材にしたんなら、もう少し踏み越えていっても良かったんじゃないの?って思うんです。どうせ現実ではありえないんですから。
 妙にリアルの常識に作者がとらわれてるぶん、話が面白くない平凡さで終わってしまった気がします。後のことなんか考えないならくっついちゃえば良かったんじゃないでしょうか。

 卒業式の日にまなみと最後のやりとりがあるわけですが、その直後に2人は「元の普通な兄妹」へ戻るんですよね。タイムラインからすると数時間、たったそれだけの事のためにまなみは傷つき、修復不可能な関係になってしまう。それって必要なことだったのだろうかと。

 後一番気に入らないのは、ラストシーンで2人が結婚式場に立ち、キスをする前の桐乃のセリフ。
「アニキ、京介〜」というくだりがあるんですが、そこは「お兄ちゃん」だろう・・と思うんですよ。

 アニキとかすごく普通だし、妹萌えみたいな奴らが見ることを想定してるなら一番グッと来るのは「お兄ちゃん」っていう呼称じゃないんですかね。私はリアルに妹がいますがお兄ちゃんと呼ばれたことはないです。小さい頃からずっと今も現在進行形で「◯◯くん」て呼ばれてます。
だから尚更思うのかもしれないんですけど。兄なら一度くらいは呼ばれてみたいんじゃないかな。

 妹が好き、兄貴が好き、っていう感情をベースに物語を進めること自体は否定はしませんでしたが、あからさまに恋愛感情を表に出したがゆえに作者自身が話のハードルを上げすぎちゃいましたね。
| アニメ | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:22 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://d-monolog.jugem.jp/trackback/146
トラックバック