<< 今回のWakeUpGirls! | main | WakeUpGirals!第5話とかいろいろ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
アイドルマスター
WUGとか見始めたこともあって、放映当時10話くらいまでしか見てなかったアイマスのアニメ(通称アニマス)を今更ながら見てみた。

10話までというと各キャラの紹介エピソード的なものが続いてる最中で、なんか見ていてもアイマスの継続的なファンであるいわゆる「プロデューサー」にしかわからないようなネタが多くて、だんだん見なくなってしまったんですね。

自分はプロデューサーとはとても言えない程度にしかアイマスには接していなくて、実際のところアイマスの楽曲なんかもパチスロのライブインスロットで初めて知ったクチです。アイマスのパチスロはそれなりにいい思いをさせてもらったこともあって、アニメも見ようとしたんだけど、上のような理由で見るのが止まってた次第。

んで、10話以降を見始めたわけですが・・


率直な感想は

「あーこれは強いわ。」というのが真っ先に思い浮かんだ印象。

話の持って行き方もそうだけど、アニメーション作品としてのクオリティがちょっと別次元でした。もちろん作画部分だけを切り抜いてアイマスのほうが優れているというのは間違ってるとは思うんです。アイマスの場合アニメに至るまでにゲームやその他のメディアミックス展開で十分な成功を収めているわけで、それこそ潤沢な予算と準備に基づいたものなんでしょう。

ライブシーンとか、ラブライブはカメラワークを用いるようなシーンは3Dモデルをうまく活用して、効率的に臨場感を演出していますが、アイマスの場合はちょっと信じがたいですがすべて手書きっぽいんですね。
特に最終話のライブシーンとか制作スタッフの執念すら感じる出来栄え。別に手書きが偉いというわけではないですが、アイマスのアニメには作り手の熱意というものを感じました。

手を抜こうと思えば抜ける部分って沢山あると思うんです。WUGなんかは見ているとそういう「作る部分」ってところが今のところ一杯一杯に見えて、やたらキャラのアップシーンが多い(動きを制限することで作る手間を省いてる)とか、背景とかに実写をフォトショ加工しただけの部分があったり、どうにかアニメとしての体裁だけは維持しようとしてるのはわかるんだけど、足りないものが沢山見えてくる。

一方でアイマスだと、例えば弥生の回で弟の長介が下の子を抱っこしてミルクを与えているシーンで、キチンとミルクを飲ませた後にゲップを促していたりとか、本筋にはなんの影響もないことだし別に入れなくても構わないカットだけど、それを敢えて省かずに描き込んでいる所とか、直接的に訴えない部分でのリアリティに手を抜いてないようなところに、作り手の馬力を感じました。

話の構成自体は1クールはキャラクターの紹介、2クールからは765プロ全体の話。2クール目からは上げて落とす、落として上げるというのが頻発してきて、結構精神的にキツイ場面も増えてくるんですが、落としっぱなしの場面もほとんどなくて、最後まで見ることが出来ました。本当にうまく作ってると思う。

そしてこのアニマスのシリーズ構成をしている人は待田堂子さんという方なんですが、この人はWUGの脚本も担当してます。
ただし原案はヤマカン氏なので一概のこの人の手腕だけでどうにかなるものでもないんですが、アニメーションとしての完成度では今のところ到底アニマスには及ばないと思いました。

現状でアニメ版の順位づけをするなら アニマス≧ラブライブ>>WUG かなあ。ラブライブは今年の春に二期がスタートするのでそこ次第とも言えますが、アニメ1期とソーシャルゲーの勢いからオリコンデイリー1位を取ったラブライブに対して、既に9年目に突入しているある意味熟成しきったコンテンツであるアイドルマスターがタカラモノズと同日発売の劇場版主題歌でオリコン上位にきっちり食い込んでいるのはさすがといったところです。

商業作品として作る以上、作る側は様々な儲かる要素を考えて作品を作るわけですが、WUGは今のところ既存の成功例に則ってプランだけが先走っていて完成度が置き去りになってる感じは否めません。

ラブライブがアニメ化以降、飛ぶ鳥を落とす勢いで階段を駆け上がってきていて、もうアイマスも下火かなと思っていたわけですが、全然そんなことはなかった。むしろ劇場版見たくなりました。

作り手が情熱を注いでその作品を作れば、人がついてくるという見本ですね。このジャンルのコンテンツで長い間トップに君臨しているだけのことはあります。まぁアイマスのモバイルコンテンツはそこまで賞賛できないんですが、やっぱりアイマスはすごかった。アニマスはそれを再認識させてくれる渾身の作品だと思いました。

 
| アニメ | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:50 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://d-monolog.jugem.jp/trackback/156
トラックバック