<< WakeUpGirls!7話 | main | WakeUpGirls!9話 神回来たか!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
WakeUpGirls!8話 これは一体・・
8話見ました。話の流れが動き出すポイントが複数ある話なので重要な回と言えましたが・・・
目を覆わんばかりの作画(ヽ´ω`)
今までもいろいろ言われてたけど、自分の中では妥協できるレベルではありました。

今回の酷いなと思える点は、引きの作画だけでなく寄せまで崩壊している点。
手の異様に短い藍里とか、横向きだとやたら巨乳に描かれている子がいたりとか。

見ていてもここまで来ると、誰だこれと思ってしまう箇所が多すぎて、せっかく大事な話の回だというのにこれは台無しじゃないかなあ。BD版はヤマカン氏の全生存をかけて修正をかけるという話が出てますが、これまともに修正かけて行ってたらもう一本アニメ作れてしまう予感がする。

でもそんな予算は到底出ないだろうから、BDで修正される箇所は制作側が考えてよほどと思える箇所だけなんでしょうね。もうデッサンの狂いやらキャラが変わってるような作画についてはこのままで行かれそう・・。

修正されるだろうなと思える点は、序盤のTV局プロデューサーの指が6本ある箇所や、キャラの並びがカメラのアングルが変わった際に変わっていたりする箇所かな。後は椅子を描き忘れていて空気椅子になってるところとか。このへんはさすがに直すと思われます。


そして本編のお話ですが

まず光塚の子が突然受験の話を持ち出してきてWUGの活動をやめると言い出す。でもそれはオーディションを受けた頃から決まっていたことだと。確かに最初はそういうこと言ってた気がするし間違いじゃないんだけど、それだと7話での言動が不自然にしかならないんですよね。

7話のUFOキャッチャーのシーンはメンバー間の絆がより深まる演出のはずなのに、その実彼女だけは最初から絆なんてものを深めるつもりがなかったことになってしまう。

またI-1クラブの白木と早坂Pが話をする場面、これ明らかにエヴァンゲリオンのネルフ本部を連想させるための描写なんだろうけど、それの意図が全くわからない。スタッフにそういう人がいるなら別だけど、そういうわけでもないだろうし、むしろヤマカン氏はツイッターで元ガイナの有名アニメーター(劇場版エヴァ序・破の作監とかしてた人)に目一杯噛み付いてて国交断絶状態のはずなので悪意しか感じ得ない描写に見えてしまう。

脚本や構成についても今回は首を傾げる部分があって不満でした。

パンケーキ屋でI-1の志保とナノカスがWUGメンバーとばったり遭遇してしまう場面。
ムッとする志保の後ろでナノカスが「あら、こんなところに真夢が。」と言うんですが、これは当然志保への言葉。でもカメラは志保→真夢→ナノカスと移るので、誰に言ってるかわからない。志保のムッとした表情を入れるならナノカスの台詞のあとで、その後真夢と目が合うとしないと不自然に見えます。そして最初に気づいたのが志保であるなら、ナノカスのあのセリフは不自然でしかなくて、あのタイミングで発するセリフは真夢に向けたセリフでなければならないと思うんです。

その後、志保が真夢を別のテーブルに誘って二人で話す場面へと映るんですが、テーブルを移る前に志保が真夢に対して「ちょっといいかしら?」なりなんなりの一言のカットがあっても良かったんじゃないかと。

そりゃあからさまに歩いてきてるわけだから話の流れはもちろん分かるんだけど、見る側に補完を求めるような描写はどうなんだろうかと思うんですよ。そういう描写がいい場面もあるでしょうけどここは違うなと感じました。


そしてWUGメンバーに対して早坂はロハで曲まで提供する。これ金銭的な部分でどういう扱いになるんでしょうかね。このへんの流れはとてもアニメ的で、当初のWUG制作思想から大きくずれていると感じるんです。
アニメだと割りきっていいなら特に気にする部分でもない。でもそうじゃないだろうと。最初この作品を見るにあたって視聴者に対して発していた言葉はこういうアニメではなかったはずなんです。自分も今までのものとはちょっと毛色が違うなと感じたからこそ興味を惹かれたというのがありますしね。

といっても別にアニメ的なご都合展開が嫌いなわけじゃないです。むしろご都合展開大好きです。ただWUGの場合それされると不自然さが残るというだけ。


次週は割と派手に真夢と佳乃が感情をぶつけあうという事前情報がありますし、やっといろいろなことが明らかになってくれるのかな?という期待感はあります。あと今回これだけ酷かったわけだから、次回へリソース配分してくれてると嬉しいです。
次週も続けて今回のような有り様だと、ただのジリ貧制作でしかないわけで・・。
| - | 04:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 04:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://d-monolog.jugem.jp/trackback/161
トラックバック