<< WakeUpGirls!8話 これは一体・・ | main | WakeUpGirls!10話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
WakeUpGirls!9話 神回来たか!?
放送前から製作陣のツイッター等で神回だとぶちあげられたりしていた9話の放送が終わりました。

感想としては「よく出来てた」と認められる出来だったと思います。
9話単体で見るならば、作画は申し分なく、キャラの絡みやら今までにないものがここに来てやっと出てきた感じ。
実波のうんめーにゃも久々に出てきてほっこりしました(ヽ´ω`)

ここまで劇場版からずっと引っ張ってきていた真夢のI-1クラブ脱退に関する真相がついにここで明らかにされたわけですが、ちょっと端折り過ぎというか脱退して仙台へ行くまでのドラマを語るにはBパートの一部だけではちょっと時間たり無さ過ぎですね。

当初より真夢の家庭が母親とうまく言ってない描写はありましたが、そもそもなぜこういうことになっているかということがきちんと説明されていない。
今回、母親が真夢のI-1での活動のために色々なものを犠牲にしていたにも関わらず、真夢が脱退することになって家庭内不和が起こったとなっていますが、どうしてこうなっているのかを視聴者に理解させるにはあまりにもそれに関する描写が少なすぎると思いました。

回想部分では白木・I-1が一方的に真夢の中では悪とされていますが、白木の掲げる恋愛禁止は決して無理な注文ではないと思うし、早坂Pにしてもそうですが、I-1側に携わっている大人たちは実に正しい思想に基づいていると思うんですよ。
それを無理やり悪者っぽく表現している部分に生じる歪みというのが見ていてしっくりこないというのが一貫した流れになってる気がします。

真夢が本当に白木に陥れられてシングル売上勝負に負けたというのであれば、もっとここはしっかりと表現していかなければいけないところだったんじゃないかな。僅かなワンカットでスキャンダルをでっち上げられている雑誌の記事を見せるだけというのはあまりに流れの中に流されてしまっていて訴求力に欠ける演出だと思いました。

まぁ1クールなのでなかなか難しい部分があるのはわかるんだけど、真夢の12歳〜脱退までの過去編で2話くらい用意するべきだったんじゃないだろうか。そうでないと見ている側が真夢に感情移入するのはちょっと厳しい気がします。
このへん、制作側でキチンとディスカッションされてたのかなあと疑問に思いますね。

現状のアニメの流れだと、さんざんもったいぶらせた挙句の告白にしては「え?そんなこと?」という感想しか出てこないと思います。結局のところヤマカン氏が視聴者に対して枕疑惑等を色々想像させてヤキモキさせただけの流れに見えてしまう。
この程度の理由であれば、劇場版で明らかにしてもいい程度のことですよね。


とりあえず9話を見るまでは、WUG製作陣はどうにも人材不足で、まともなアニメを作る環境が揃わないまま作ってるんじゃないかと思わせる部分が多々あったわけですが、9話では実に安心して見ることの出来るクオリティのアニメを提供してくれていると思います。急遽人材を追加したのかはわかりませんが、正直な所このクオリティで最初から行っていれば、余計な雑音はなかったんじゃないかなあ。

よくアニメで言われる「作画崩壊回」ってやつですが、ぶっちゃけそんなの無ければ無いに越したことはないわけで、たとえネタでもそういうのは入れてほしくないんですよね。

こうしてみると8話は意図的に作画を崩壊させているようにしか見えなくて、むしろ印象がよろしくないです(´・ω・`)

ヤマカン氏のツイッターでは放映分のアニメを粛々と修正中と書かれていましたが、9話のクオリティを期待していいんかな?もしそうなら円盤買ってもいいかなと思える。まぁそのクオリティで修正かけてるなら、こちらがあれこれ考えるまでもなく制作側からアナウンスがありそうなもんですが。

でも1クールのシリーズ構成としては、やっぱり不満ありますね。

上にも述べたとおりキャラクターの印象付けを行うエピソードが少なすぎました。9話は良回だとは思いますが、神回というまでには至らないと思います。が、もしそれまでの話でそれぞれのキャラクターのベースをきちんと確立していれば神回になり得たのではないかと思います。そういう意味では惜しいと言わざるをえない。

ただ、神回にしても聖地にしても、これって製作する側がいうことじゃないと思いますよ?
こういうのは見る側が認めているからこそ自然の流れで発生していくもんでしょう(ヽ´ω`)
| - | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://d-monolog.jugem.jp/trackback/162
トラックバック