スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
久々の機種変更
そして久々のエントリー。

 最後に機種変更をしたのはiPhone4が発売された時なので、2010年6月15日まで遡ることになります。

iPhone4をおおよそ2年半使っていたことに。よく使ったよ。色々言われましたがいい機種だったと思います。
というか今でも全然不満はないし、今回も機種変する気は元々ありませんでした。

新しい機種はやっぱりというかiPhone5です(ヽ´ω`)


iPhone4の時は発表された直後から物欲センサーが振り切って、発売日に手に入れたわけですが、5の時はそこまで物欲を掻き立てられる衝動には駆られませんでした。

4の速度でそこまで不満を感じるアプリもなかったし、液晶も申し分ない。
そんな訳で4Sは余裕のスルーだったんですが、5も縦長になった程度ならいらないや。とか思ってたんです。

そんな感じで新年を迎えたんですが、正月に実家へ帰った時、同じく帰省していた妹がiPhone5を持っていたんです。

当然見せてもらったのですが、これが衝撃的でした。

最初妹が手にしているのを見たときは「やっぱり縦長ででかいなw」なんて小馬鹿にしてたわけです。でもそれを手渡された時・・・軽さに衝撃を受けました。

iPhone4だってそこまで重量があるスマホじゃなく、むしろアンドロイドの大型スマホに比べればコンパクトです。でも2年超これを使い続けて、スマホの重量=iPhone4の重量であると刷り込まれている私の手にはiPhone5の軽量っぷりはあからさまに体感できる軽さでした。

そして妹に言われるがままウェブを開いてみたんですが、LTEの速さに再度衝撃をうけることに。

見た目はそこまで高印象なかったんですが、触ってみると・・・・これは欲しい!ということに。


妹はSBショップで働いてるので機種変しようとその場で決断したんですが、結局その時点ではモノがないということで、連絡待ちに。

それから待つこと2週間。やっと妹から入荷の連絡があり、すぐ手続きするなら押さえられるということですぐ手続き。


改めて手にしてやっぱり軽さに感動しました。そして4Sをスルーした私にとっては、5の処理速度はおおよそ今までの4倍超ということで、やはりいろんな部分で今までは多少もたついてた部分とかが全くなくなっていることに爽快感を感じました。

昔の偉人も「速さは力」だと申しておられましたが、やはり処理速度の向上はストレスを大きく軽減する要素であります。

そしてLTEがやたら速い。私の行動圏内ならほぼどこでもLTEで繋がるんですが、自宅でWi-Fi接続している時と同じ感覚ですべてのことを行うことができる。

実測値は恐らくWi-Fiより速いんですよね。時代の進歩は恐ろしい。


あと4Sをスルーしていたことで初めてお目にかかることとなったsiri。

こんなのが携帯に積まれる日が来るとは。普通に話し言葉で話してもほぼ問題なく認識するし、使いこなせば相当便利なんだろうなと。しかもユーモアもお持ちでいらっしゃる。

とりあえずこれでIOS標準のマップがまともになれば言うこと無いんですが、グーグルマップのアプリも配布が始まったし、アップルはこれ投げちゃう気ですかね。

あと、アイポッドとしての性能ですが、4に変えた時も随分音質が良くなったと思ってたんですが、新しいイヤフォンの恩恵なのか知りませんが更に良くなってます。こちらも体感できる違いがあります。
音の広がりやら低音がしっかりしてる部分やら。と言っても私の耳解像度はさほど高くないのであてにはなりませんが。


結局初めて手にした3GSから足掛け3年ちょい、これで3台目のiPhoneなんですが、別にアンドロイドがダメだと思ってるわけじゃあないです。新しいエクスペリアは興味をそそるスペックだと思います。

まぁドコモに乗り換えるの面倒だし、iPhoneのUIに慣れ親しんでしまうとなかなか乗り換えは難しいです。昔のおっちゃんとかがドコモのPをひたすら新しくなってもPで通してたのと同じような。

おもちゃが新しくなったことで当分また遊べそうです。
| iphone | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スクエニが本気を出してきたようです
 iPhone・Androidでリリースされている「拡散性ミリオンアーサー」

サービス開始当初は、無課金でもそれなりに遊べる課金バランスと他のソーシャルゲーとは一線を画する綺麗なグラフィックやUIが特徴的だったわけですが、ここに来て随分と風向きが変わってきたようです。

7月から施行されると噂されていたコンプガチャ規制の話題が出てきた矢先にコンプガチャをはじめてみたり、新規グラのカードはほぼ課金ガチャから出るレア以上でしか追加されなかったりと、確実にプレイヤーから金を巻き上げる体制に移行してきていますね。

そんな中始まったFate/Zeroとのコラボイベントですが、こちらも一般的に手に入るFate柄のカードはスキル無し、能力低とFate関連じゃなければ完全にゴミクズになるようなシロモノで、肝心の絵柄についてもアニメシーンのキャプチャ画像と、おおよそありえない仕様で導入されました。

Fateは元々PCゲーですし、公式ルートでもきちんとしたグラフィックが多数用意されているにも関わらず、なんでこんな仕様で始めてしまったのか不思議でなりません・・・

そして実際にデッキに入れて戦力に成りうるのは、課金ガチャからのみ入手可能な覚醒版セイバーくらい。それにしたってスキルはデッキ内にFate関連カードを複数組み込む必要があり、それなら一般カードでデッキ組むほうが強いんじゃねーの?的な微妙すぎる仕様となってました。

スクエニというとゲームソフトベンダーとしては大手ですが、実際のところはエニックス時代から販売窓口としてだけ機能して、開発等は他所へ丸投げする方法でのし上がって来た会社なんですよね。
スクウェアは自社で開発もやってましたけど、今回のミリオンアーサーのやり口はエニックスの手法なんだと思われます。

そんな訳で、まともな運営など期待できるはずもなく、なんかやらかすたびにお詫びガチャ券をばらまく残念ゲームになりつつある。

また、あざといなと思わせるのはドリランドなんかでいうところのボスイベントである妖精討伐イベント。ミリオンアーサーは戦闘するためにBCというゲージが溜まってないと戦闘できないんですが、これは1度戦闘をすると全て使いきっていまいます。

その後は1分1ポイントで回復するので、一定時間経てば再び戦闘が可能、BCが半端に溜まっている状態でも戦闘は出来るけど、BC分のコストしかカードがさせないので、フルパワーでの戦闘はできないということになってます。

これを手っ取り早く回復するためには課金アイテムがあるわけですが、1個100円です。

そして妖精討伐ですが、BCがフルゲージの時のエンカウント率が非常に悪い。

すぐに遭遇することはもちろんありますが、トータルで見て明らかに遭遇率は低いと感じられます。


ところが、これが一度妖精に遭遇するなどして、BCが空っぽの状態でフィールドを進むと、驚くべきスピードで再度妖精がエンカウントします・・・

これが示す所は何かというと、BC回復アイテムを買わせようとしているとしか思えないわけです。

BC満タンの時は下手すると行動ゲージがなくなるまで遭遇しない場合すらあるというのに。


恐らく、お詫びガチャ券をばら撒いてる時もSR出現率は下げてるんでしょう。


コンプガチャの問題が取り沙汰されてますが、この手の課金ゲーで一番問題だと思うのは


ガチャの当選確率が自由に変えられること

だと思うんですよ。他のゲームでも期間限定でR以上の出現率UP!みたいなイベントをしてますが、じゃあ一体どのくらい出やすくなってるのか?というとその確率は一切公にされません。

なんとでも言えるわけです。こんなんで利益を貪っている会社が多すぎて本当に参る。

なら課金しなきゃいいじゃん?ってことなんですが、もう今のゲームはある程度課金しないとまともに遊べない仕様なので、そうもいかない。
ただでゲームやろうって精神自体が虫が良すぎるだろうってのは同意なんだけど、お金を稼ぐ方針に悪意しか感じられないゲームが多すぎます。

ゲームをする上での課金は私は全然否定派ではないのですが、もう少し良心的な営業方針をとってほしい。

そういう意味で、ファミスタオンラインなんかはやってる当時は相当アコギな商売だと思ってたけど、1万課金すれば確実にSPが手に入ったわけだし、今となってはマシな部類に思えてくるから不思議です。

まぁファミスタの場合は、現状残ってるプレイヤーの質が酷すぎて、再度やろうとは思えないんだけど。

ミリオンアーサーについては多少課金サービスが始まった時に課金はしましたけど、もう課金することは無さそう。そこまでのめり込めないし、本当に隙間でやるくらいでいいやって思ってしまいました。

こういうプレイヤーが増えちゃうことは結局収益の低下に繋がってサービスが短命に終わることにもなりかねないというのに、ダメなら次のタイトルに走るだけで、そういう事は今の会社は考えないんでしょうねえ。
| iphone | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/17PAGES | >>